メディカルフロント

Medi ServeⅡ
MediServe II[メディサーブ]-医薬品データベース-
先発薬と適応症の異なるジェネリック医薬品確認画面

 

    目的
  • 誤った代替調剤を防止します。
  • 疑義紹介問い合わせ件数を抑止します。

先発薬およびジェネリックを構成する添加物確認画面

    目的
  • 過去にアレルギーのある患者に対する、代替処方時の参考データ。
  • ジェネリックに特有の副作用が生じた時の参考データ。

同一一般名で、規格・剤形の異なる医薬品(先発薬およびジェネリック)を1画面で確認可能

    目的
  • ジェネリック選択の参考データ(DPCで採用医薬品選定時には特に有効です。)

識別記号から医薬品検索機能

    目的
  • 病棟などで患者さんの持参薬を調べるケースを想定

同種同効薬から医薬品一覧を表示

    目的
  • 薬理作用が類似する医薬品の副作用を回避します。
    病名から医薬品検索,単一有効成分からなる薬剤を中心にその薬理作用から医薬品を再分類し,階層化された独自のコードを割り付けることによって,同種同効薬の検索が可能です。

患者さんへの情報提供

    目的
  • 患者さんへの情報サービス。
    他院との差別化を図ることが可能になります。
↑このページのトップへ